改正貸金業規制法が成立

ここでは、改正貸金業規制法が成立 に関する情報を紹介しています。

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
消費者金融など貸金業者の規制を強化する改正貸金業規制法など関連法が13日、参院本会議で全会一致で可決、成立した。
貸出金利の上限を利息制限法の上限(年15~20%)まで引き下げ、出資法の上限(同29.2%)との間に当たるグレーゾーン(灰色)金利を撤廃する。
複数の貸金業者から借金して返済困難に陥る多重債務者問題の解決が狙い。
上限金利は平成21年末にも引き下げられる見通しだ。
改正法は年内に公布され、来年1月に違法な高利で貸し付ける無登録のヤミ金融業者に対する罰則強化を施行。
高金利、無登録営業の罰則を懲役5年以下から10年以下に引き上げる。

やっと実現に向けて動き出しましたよね!
少しは多重債務者が減ってくればいいのですが。。。

さらに、公布から1年以内に日中のしつこい取り立て行為を禁じるなど取り立て規制を強化。
2年半以内に、上限金利の引き下げのほか、借り手1人当たりの借入総額を年収の「3分の1」に制限する総量規制を導入する予定だ。
金利規制を強化するのは貸金業者の利用する金利帯が灰色金利に集中していることが多重債務者問題の一因とされるため。
総量規制は借り手の返済能力を超えた過剰融資を防ぐ目的だ。
ただ、金利の大幅引き下げで、貸し倒れ懸念のある低所得者に融資しなくなる「貸し渋り」が広がる懸念もあることから、改正法は金利引き下げまでに金利水準などを見直す規定も盛り込んだ。

確かにこれが実現すると借り難くなる懸念はありますね。
それによって今まで大手で融資を受けてたのが受けられなくなってヤミ金融に流れなければいいんですが。。。

(引用:iza

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mirrormanblogwriter.blog82.fc2.com/tb.php/94-38160463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
貸金業貸金業(かしきんぎょう)とは、金融の形態の一つで、消費者や事業者を対象に金銭を貸し付ける(融資を行う)ことを専門に行う事業である。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History Licen
2007/02/08(木) 10:44:51 | キャッシング専門館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。