ビジネスバック

ここでは、ビジネスバック に関する情報を紹介しています。

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビジネスバックと言えば まず思いつくのがゼロハリバートンですね。

ゼロハリバートン正規輸入品販売店【ゼロハリ・ゾーン】


ゼロ・ハリバートンの歴史は、ひとりのビジネスマンの手によって幕を開けました。 その男の名は、アール・P・ハリバートン・シニア。 1930年代当時、世界を駆け巡るエンジニアであった彼は、鞄の隙間から入り込む砂や埃によって重要な書類や荷物が汚れ、傷むことに不満を募らせていました。
「どんな環境にも対応できる鞄を」

と切望した彼は、中身を完全に保護する密閉性、強度、耐久性を備えた理想の鞄造りに自ら着手。 エンジニアとして培った知識と経験を活かし、さらに航空機設計会社の協力を得て、ついにアルミニウム2024合金製オリジナルケースを完成させました。 強さと美しさを兼ね備えたアルミケースの誕生です。

その評判はやがて世界的に拡大し、1968年にハリバートン・ケース社はゼロ・コーポレーション社と合併。 ロサンゼルスからソルトレイクシティへ工場を移転し、量産体制が完備されました。 翌1969年にはアポロ11号の「月面採取標本格納器」を製造。 以来今日まで、その確かな機能性と優雅なフォルムは、世界中の熱狂的な支持者たちから愛されてきました。 しかし、その素材や製法、機能面は当初からの伝統的なスタイルを今なお貫いています。

その頑ななまでのこだわり。
これこそがゼロ・ハリバートンの原点です。

ゼロ・ハリって一種のステータスですよね!
持ってるだけで出来る!!って感じさせるアイテムだと私は思います^^

そのゼロ・ハリバートンの正規輸入品販売店が【ゼロハリ・ゾーン】です。



それともう一つ!

ビジネスバッグに新風!メンズ・ブランド【アーロン・アーヴィン】です!




Aaron Irvin (アーロン・アーヴィン)
1969年生まれ。ユタ州立大学でインダストリアルデザイン、インダストリアルサイコロジーを学ぶ。ゼロハリバートン社のデザインチーム・リーダーとして活躍後、2002年に独立し自身のブランド「Aaron」を米国で設立。
                          (日本販売代理店「AAron」カタログより)

ビジネスには、デザインが足りない。
 既存のバッグにはない、センスとこだわりを。
 スタイルのある男たちへ。



洗練された機能美!デザイン!
使ってゆく度に馴染んでく感じが良さそうです♪

ずーっと付き合っていきたい!!
そう思わせるビジネスバックですよ☆

贅沢を言えば両方ともGET!しておきたい。。。

そう思うのは私だけでは無いはず!!

どちらも持っていたいビジネスバックです♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mirrormanblogwriter.blog82.fc2.com/tb.php/43-8a493806
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。