注意しよう!お祈りパンダ

ここでは、注意しよう!お祈りパンダ に関する情報を紹介しています。

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お線香を捧げ持って両手を合わせるパンダのアイコンが自分のマシンに現れたら要注意――。
セキュリティソフトメーカーのMcAfeeが、ウイルス関連でこんな注意を呼び掛けている。
McAfeeによると、パンダが祈る姿のこのアイコンは、「W32/Fujacks」というウイルスのファイル。
2006年11月以降、複数の亜種が出回っているという。

私はまだ見た事がありませんがこんなのが流行ってるんですね!
McAfeeも有名なウィルスソフトメーカー!
なんだかよく分かんないウィルスがいるんですね~?

お線香を手に祈るパンダのアイコン




初期のFujacksワームは、安易なパスワードを使ったネットワーク共有を通じて拡散し、「.html」「.asp」「.php」などのWebベースファイルに感染。
htmlファイルの末尾にiframeタグを付け加える。
ブラウザでこの感染ファイルを開くと、同ワームの別の亜種がダウンロードされてしまう。
最近では、実行可能ファイルとhtmlファイルの両方に感染する亜種も出現しているという。
対策は、まず最新のパッチを適用し、Webブラウザなどのセキュリティホールをふさぐ。
そして、ウイルス対策ソフトを最新の状態にアップデートするとともに、不用意に怪しいWebサイトにアクセスしないよう心掛ける。
また、ネットワーク共有に、簡単に推測できそうな弱いパスワードを使っていた場合は、それをより強固なものに変更することも挙げられる。


お線香を手に祈るパンダのアイコン



これも基本的な対処法ですね。
Windouwsも常に最新の状態で使う!
ウィルスソフトも最新の情報で対応する!
怪しいサイトには近づかない!
最低限この3つは実行しないとね☆

(引用:ITmedia News

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mirrormanblogwriter.blog82.fc2.com/tb.php/106-2d496e1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。